本文へ移動

社内検査技術を活かした受託測定事業

信頼が信頼を作り上げ、短納期で検査可能へ
年航空機産業を始め、医療機器産業、半導体産業は、高精度で難形状の加工が短納期で高い品質を要求されています。それに比例して検査工程の負担も増加しており、検査をアウトソーシングして検査業務を効率化・省力化する傾向が見受けられます。広機工では、高精度な寸法測定や三次元測定機のプログラム作成といったサービスを短納期でお客様へ提供し、様々な測定ニーズの対応を可能としております。なぜこれが実現できるのか…
それは、航空機事業で培った【設備・環境・技術】が実現させているためです。

具体的には、航空機産業は、徹底した温度・湿度管理が欠かせない業種であり、工場内の設定している温度が1℃異なる環境下で機械加工・検査を行うと寸法が変化します。こうした環境に対応するために弊社ではIoT機器をRPAで制御することで工場内の温度・湿度を「365日24時間」自動で維持・管理を可能とし、精度の高い測定が可能なハイレベルの測定器(三次元測定機、真円度測定器、3Dスキャナー型三次元測定機、ワンショット3D形状測定器)によって製品に負荷を与えることなく品質の安定化を図ることができています。このような環境下が難削材・難形状であるジェットエンジン部品の加工から検査までを実現させています。


 三次元測定機
 東京精密  ACCURA121810

3Dスキャナ型三次元測定機  
 KYENCE  VL-500
真円度測定機  
東京精密 RONDCOM 60A 

YouTube 【HIROKIKO チャンネル】